Sugiyama Dental Clinic

歯の根の治療

  • HOME »
  • 歯の根の治療

歯の根の治療(根管治療)とは

歯の根の治療(根管治療)とは、歯の中にある神経(歯髄)がむし歯の進行によって感染した際にその神経を除去する処置、また根の先に膿を作った場合に根の中の感染物質を除去する処置のことです。

歯の根の治療の流れ

進行したむし歯

むし歯が進行し、歯髄まで到達すると感染を引き起こしズキズキ痛くなります。さらに放置すると感染は根の先まで進み、膿を作ります。

ステップ1

歯の根の治療はまず根の中にある感染した歯髄、組織を除去し、消毒します。数回かかることもあります。

ステップ2

消毒が終わり、清潔になったことを確認したら充填材をいれて密封します。

ステップ3

被せ物の土台となるコアを作ります。

ステップ4

被せ物を装着します。

当院では、次世代のテクノロジーを採用したNi-Tiファイル『Protaper Next』デンツプライ社を使用しています。柔軟性が高いのが特徴で、細い根管や湾曲した根管にも追従することができるため、従来の器具よりも効率よく感染した組織を除去でき、治療回数を減らせます。

  • ニッケルチタンファイル
  • ニッケルチタンファイル

ご予約・お問い合わせは TEL 047-484-8640 千葉県八千代市村上団地1-53

PAGETOP
Copyright © 医療法人社団清泉会 杉山歯科医院 All Rights Reserved.